« 前のページへ  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  

2010年1月23日、オゼットクリエイティブオフィスにて、
座談会『先輩からのメッセージ。人生何をするか?』の第三回を行いました。
今回のゲストは、プロテニスプレーヤーの杉山記一さん。
学生時代からテニスプレーヤーとして活躍し、早稲田大学卒業後、
プロに転向して以降も2004年ジャパンテニスツアーシングルス優勝、
数々のサテライト、フューチャーズにて優勝・準優勝など、
華々しい成績を収めていらっしゃいました
(最高位:JOP5位、ATP日本ランキング3位)。

現在はNPO法人「マナーキッズプロジェクト」にて、
テニスを通じた子供の教育活動にも
携わっていらっしゃいます。

会中では、杉山さん自身がナイジェリア遠征を通して
「これからは世の中のために生きていこう」と強く心に誓った経験に始まり、
一人ひとりが「自分が社会に対して今できることは何だろうか」ということを
考えることの重要性を、
プロスポーツ選手としての視点を交えながら語っていただいた。

<当日詳細>
16:00より開始。
これまで世界30カ国へ遠征してきたという杉山さん。
ナイジェリアでの遠征生活の中で、
貧困によって身体の一部を欠損させて物乞いする子供達、
死体が当たり前に放置されているストリートなど、
数々の衝撃的な光景を眼にしたそうです。

それに引きかえ、自分がいかに贅沢な暮らしをしているか、
傲慢に生きているかという自責の念に駆られるとともに、
それ以来自分の生きている意味を考え始めたそうです。
「30歳までは自分のためだけに生きてきたから、これからは世の中のために生きよう」
そう心に強く誓ったそうです。
自分が何かしなければと思い、帰国後ボランティアにも取り組みつつも、
胸の違和感は消えなかったそうです。
悩み続ける日々を送り続けていたあるとき、とある世界的権威の学者が、
「自分が何のために生きているかを、知るために私は生きている。」と
杉山さんに伝えたそうです。
「自分は何のために生きているかまだ分からない。
でも今自分にできることをやればいい。」と気付いたとのことでした。

「杉山さん自身はこの先どうありたいか」という質問に対しては、
杉山さんは日本のプロスポーツ選手の価値を上げることと、
日本の優秀な子供達が世界へ羽ばたいていけるような架け橋になることをしたい、
と答えていただきました。
前者については、
「海外のプロスポーツ選手は、
他の人が持っていない能力に対して与えてもらった援助を、
いかに社会へ還元していくかということをいつも考え続ける。
能力ある子供達はそのような教育をしっかり受けている。
日本のプロスポーツ選手とそこが違う。」と指摘されました。
後者については、「日本のスポーツ界には、いい指導者がいない。
『なりたい自分』を思い描く子供達が、
世界で活躍していけるようにサポートしたい」とおっしゃっていました。

ここで、参加者の一人から、
「僕は社会のためとかどうとか意識しなくても、
自分がやりたいと思うことをすれば、
往々にして事後的に社会のためになるのではないかと思う。
5年後10年後の目的を思い描かなければならないわけではないはず」という意見が出た。
杉山さんは、「自分が意図しなくとも誰かのためになることはある。
でもちょっとでも『誰かのために』を考える時間があると、
その後の人生は大きく違ってくる」とした。
また、「今は等身大でできることをこつこつやっていきたい」とする杉山さんに対し、
「プロは金をある程度しっかり稼がなきゃいけない。稼いだ上で、
どう責任を持って使うかということが重要。
単なる金儲けの似非の『社会貢献』を排除していくことも、
杉山さんだからこそできることではないだろうか。」という指摘も挙がった。

最後に、「僕はスポーツの世界にいたからこそ、
ピュアに生きて来られた部分もある。
社会に出ると、僕が歩んできた世界にはなかった、
ドロドロとしたものに出くわすはず。
それでもなお、自分が結局何をしたいのか、
何のためにという目的を忘れてはいけない。」
と杉山さんはおっしゃっていました。

全ての人が、杉山さんのような才能を持っているわけではなく、
スポーツを通して誰かを幸せにできるとは限らないし、
反対に、全ての人がドロドロとしたしがらみの中を
行かなければならないわけでもないでしょう。
だからこそ、他でもなく今の自分に何ができるかということを
真剣に探す必要があるでしょう。
海外の何千人何万人を幸せにすることに限らず、
自分が普段接する人を幸せにするということも、立派な社会貢献。
それが自分の人生を彩るものなのではないでしょうか。
みなさんは、どう考えるでしょうか。

BY くりくら。 2010年02月02日 20:23

明けましておめでとうございます。

本年も、考えるきっかけとヒント、そして世の中を創る種を提供すべく
様々なメッセージを発信して参ります。
これからも「くりくら。」をどうぞよろしくお願いいたします。

さて、昨年に引き続き、
本年も『先輩からのメッセージ?人生何をするか?』を開催いたします。

今回のゲストはプロテニスプレーヤーの杉山記一様です。
詳細をご覧の上、ご参加いただける方は、1月20日(水)までに
このメール(info.cc2009@gmail.com)にご連絡ください。

就活生の方は、選考シーズンに入り徐々に忙しくなってくる時期かと思います。
そのような時期にこそ、視点と思考のリフレッシュツールとして
当イベントをご活用いただけたら幸いです。
これまで交点を持つことの無かった、
先輩たちのリアルな体験と価値観に触れることで、
必ず発見があるはずです。

<詳細>

【主催】くりくら。(西麻布2014クリエイティブクラス)
【日程】1月23日(土) 15:50集合、16:00?18:00実施
【会場】(株)オゼットクリエイティブ本社 URL:http://www.oz-h.com/
【内容】ゲストインタビューおよびディスカッション
【参加費】無料
【人数制限】10名
【連絡先】info.cc2009@gmail.com 又は
     くりくらスタッフ 榊原 kei.sakaki416@gmail.com

【今回のゲストプロフィール】
杉山記一(すぎやまのりかず)様
1977年香川県生。
学生時代からテニスプレーヤーとして活躍し、
早稲田大学卒業後、
プロに転向して以降も2004年ジャパンテニスツアーシングルス優勝、
数々のサテライト、フューチャーズにて優勝・準優勝など、
華々しい成績を収める(最高位:JOP5位、ATP日本ランキング3位)。
海外遠征時に目の当たりにした貧困や紛争がきっかけとなり、
現在はNPO法人「マナーキッズプロジェクト」にて、
テニスを通じた子供の教育活動に携わる。
マナーや礼法をキーとし、
地域社会・国際社会の中で市民として生きていく力を養うべく、
単なる技術指導にとどまらない、
またテニスだけにとどまらないユニークな指導を行っている。


それでは、皆様のご参加をお待ちしております。

BY くりくら。 2010年01月16日 18:58

2009年12月12日、オゼットクリエイティブオフィスにて、
座談会『先輩からのメッセージ。人生何をするか?』の第三回を行いました。

今回のゲストは慶応大学4年生の陰山貴之(かげやまたかゆき)さん。
幼少期をアメリカで過ごし、現在はカンボジアの孤児院の子供たちに
ダンスの楽しさを伝えていくボランティア活動や、
現地の地雷撤去活動に取り組んでいらっしゃいます。
参加学生と同世代の視点から、
「まず行動してみること、そして、やるからには諦めずにやり続けること」の大切さを
自らの経験に引き寄せて語っていただいたほか、
ボランティアというもののもつ複雑さ、昨今のボランティア活動の傾向やそこにみる背景、
企業とカネの論理など、多岐にわたる議論を行いました。

<当日詳細>
14:00より開始。
まず始めに、陰山さんご自身からこれまでの取り組みを説明していただきました。
陰山さんいわく、当初は自分に対する劣等感が、
「自分にしかできない何かをしたい」という強い想いに変わってゆき、
ご自身が高校からやってきたダンスを通して、カンボジアの孤児たちに歓びを伝えよう
という考えに至ったとのこと。
ダンスを教えられる環境が見つからないまま、体当たりで現地に飛んだ結果、
障害児の多い孤児院で教える機会が得られたそうです。
はじめのうちは子供たちもどう踊ったらよいか分からず、「分からない」「できない」と
諦めがちだったのが、ダンスは決して一律なものではなく、
手脚が欠けていても自由に表現すればよいものだという理解が浸透するにつれ、
子供たちに笑顔が生まれていったと言います。
「自分にできそうなことはダンスしかなかったから、あまり考えず行動した」と
振り返った陰山さんですが、
それを本当に実行し、継続したことで意義のある活動になったようです。
日本へ帰国した後はGive Hope Through Dance という団体を立ち上げ、
現在は日本の障害児にもダンスの楽しさ、表現することの楽しさを広めようと考えているそうです。

来年度からは、某大手アパレル企業に入社予定で、
途上国で何か現地の人々のための事業を展開したいと考える一方で、
それをどう具体化していくか、また、それが本当に大企業の人間という立場からすべきなのかどうか、
ご自身も模索の中にあるそうです。

ビジネスとして社会貢献的な活動を行うことについて陰山さんは、
「カネが自動的に入ってくるようでは、結局場当たり的なものに終始してしまうが、
ビジネスとしての仕組みが成立してこそ、継続性がうまれる」という見解を示されました。

何かを提供する側が善だと思ってすることも、トータルでは相手にとって悪であるという事態は、
ボランティアという行為に常に起こりうることであり、
こうした可能性を念頭に置いておくことの重要性を語られていました。

また、資金や物資、設備等を提供する側が、それらがどのようなプロセスで役に立っていくのか、
自覚的であることも重要なのではないかという議論も。
日本は国際的な支援・協力の文脈でよく「カネだけ出す国」と批判されがちですが、
問題の本質は、資金提供にとどまるかどうかではなく、
どのようなプロセスで人々の役に立つかをよく考え、責任を持つかということなのだとも言えます。
そうしてボランティアがもっと根付いていけば、
自分が救える人・救うべき人は、身近なところにも大勢いることに気づけるかもしれません。
みなさんにとっての「今、誰かのために、自分にできること」は何でしょうか。

このほかに、現代人の多くが抱いている想い、大企業(株式会社)が持つ構造的な問題、
「守り」で生きるか「攻め」で生きるかということ等々、
予定時刻終了後や懇親会でも、多岐にわたる論点が出てきました。

今回はゲストとしてお呼びした陰山さんご自身も、
「自分の生き方であったり世の中のことについて、多様な視点から考えることのでき
ぜひ次回以降からは参加者としても『くりくら。』関わりたい」とのことでした。

年内のイベントは今回が最終回となります。
来年からの『くりくら。』の活動にも、ご期待ください。

BY くりくら。 2009年12月14日 18:18

« 前のページへ  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  

 

Profile

くりくら。とは

「くりくら。」の正式名称は、「西麻布2014クリエイティブクラス」。“人生維新”=主体的に情報を再構成し、自己変革的に生きることを世の中に広めたいと考え立ち上げたプロジェクトです。... [ 詳細はこちら ]

Back Number

Category

New Article

RSS